5,633km²の島を巡る径は、排気ガスに咽せる動脈の幹線道路から果ては毛細血管の畦道まで、複雑に絡み合い繋がっている。1992年に初めてバリ島を訪れて以来、更に奥の細径を彷徨う旅が続いている。